22.06.14

2014 Rd.8 F1オーストリアGP 予選

ausgp_q_fm_vb.jpg

2014年F1世界選手権第8戦オーストリアGP公式予選。

今シーズン開幕から続く、メルセデスによる連続ポールポジションがとうとう途切れた。
まさかのウィリアムズがフロントロウ独占。
マッサがポールポジション、ボッタスが2番手。

Q3最後のアタックでハミルトンがスピン。
そのために出された黄旗の影響で、ロズベルグもタイム更新出来ず、3番手に終わる。

4番手にはアロンソ。
レッドブルのホームコースでも、リチャルド5番手が精一杯。
6番手マグヌッセン、7番手クビアト、8番手ライコネン。
スピンの影響でタイム無しに終わったハミルトンが9番手。
同じくタイム無しでヒュルケンベルグが10番手という予選トップ10。

メルセデスAMGの2人にミスがあったとはいえ、ウィリアムズのフロントロウ独占には本当に驚いた。
最後のアタックでボッタスはミスし、マッサがしっかりタイムを更新できたのは経験の差かな。
マッサのポールも2008年ブラジルGP以来。

基本的ウィリアムズはスタートが速いので、1周目でメルセデスに先行されなければ、同じメルセデスパワーユニットでストレートスピードもあるし、それほど簡単には抜かれない気がする。
そうしてうまく2人でロズベルグを抑える事が出来て、ハミルトンも埋もれてくれたら、ウィリアムズにも勝つチャンスはあるし、レースも面白くなりそう。

ただ、前戦のカナダも含め、大事な所でチームとしてのミスが出てしまいがちなのも今年のウィリアムズ。
ミスなくメルセデスと戦えるかどうか。

久しぶりにスタート前から展開がどうなるか結構楽しみなオーストリアGP。
決勝レースは日本時間で6月22日21時から。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2657

コメントする