12.10.14

2014 Rd.16 F1ロシアGP 予選

rusgp_14_q.jpg

2014年F1世界選手権第16戦ロシアGP。
初開催、ソチ・オリンピックパーク・サーキットを舞台に行われた公式予選。

ボッタスが勿体無かったぁ。
最後の最後、いや、その前から限界を越えつつあるアタックだったけれど、あのミスが無ければポールポジションが有り得ただけに、かなり残念、
セクター1・2で全体のベスト。
後はセクター3を上手くまとめていれば・・・。

結果として、ポールポジションはハミルトン。
2番手ロズベルグという、メルセデスの1-2。
3番手にボッタス。
4番手はバトン。
5番手、地元ロシアで、予想以上の上位グリッド獲得、クビアト。
7番手リチャルド、8番手アロンソ、9番手ライコネン、10番手ベルニュという予選トップ10。

ベッテルがまさかのQ2落ちで、11番手。

小林可夢偉は19番手。
ケータハム、最早パーツが無いとか、何やら色々怪しい感じになってきた。
シーズン最後まで小林可夢偉も走れると良いけれど・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2765

コメントする