12.04.15

2015 Rd.3 F1中国GP 予選

chgp_15_q_lh.jpg

2015年F1世界選手権第3戦中国GP。
公式予選、1列目は大方の予想通りの結果でポールポジションにハミルトン、2番手にロズベルグ。
それに続くのがベッテルというのも大体予定通りといった感じのトップ3。
ただ、本来ならこの次に並ぶハズのライコネンは6番手で、4番手マッサ、5番手ボッタスのウィリアムズ勢が割って入って、ライコネンの次、7番手がリカルド。
8番手にロータスのグロージャンが続き、9番手にナスル、10番手エリクソンのザウバー勢が並ぶトップ10。

マレーシアに比べて気温の低い上海では、フェラーリもメルセデスに付け入る隙は無く、メルセデスはフロントロウ独占。
ハミルトンとロズベルグの差は100分の4秒程と僅差ながら、ベッテルは1秒近い差を付けられている。

これでは決勝レースのペースが良くても、まだ差はありそう。

6番手に沈んだライコネンも、元々予選が得意なタイプではないにしろ、そろそろ良いグリッドからスタートしてほしい。
決勝レースに向けては、いかに早くウィリアムズ勢の前に出られるかがポイントとなりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2848

コメントする