13.04.15

2015 Rd.3 F1中国GP

chgp_15_fin_lh.jpg

2015年F1世界選手権第3戦中国GP。
上海インターナショナルサーキットを舞台に行われた決勝レース。

結果としてトップ3は予選と変わらず、ハミルトンが優勝。
2位ロズベルグ、3位ベッテル。

その後はウィリアムズの2台を逆転してライコネン4位。
ライコネンに抜かれた分だけ順位を下げて、マッサ5位、ボッタス6位。
7位グロージャン、8位ナスル、9位リカルド、10位エリクソンがまでが入賞、ポイント獲得。

まぁ、入賞したドライバーの顔ぶれを見ても、予選トップ10と変わりなく、あまり順位変動もなかった中国GP。
ちょっと面白味に欠けるかなレースだったかなとも思いつつ、結構見せ場もあった。

まずはオープニングラップのライコネン。
ボッタス、マッサと、ウィリアムズの2台を確実にしとめ、フェラーリの3−4体制を確立。
メルセデスに対抗するためには最低限の条件だけに、それをオープニングラップで鮮やかなオーバーテイクとともに成し遂げたのはさすが。
まぁ、予選が良ければその方が良いんだろうけど。

それと、フェラーリに関しては、メルセデスに勝てなかったものの、なんとかして勝とうとする姿勢が見えたのは前向きな要素。
以前の体制だと、もう少しコンサバと言うか、あまり攻めるよりは現在の順位を確保する動きが多かった気がするけれど、今回のレースではベッテルに積極的にアンダーカットを狙わせていたし、なんとかしてメルセデスの前に出ようという意思を感じた。
まぁ、上海では完敗だったけれど、そういう攻めの姿勢は大事。
上海より暑くなるバーレーンや、真夏のヨーロッパラウンドに期待。

ハミルトンに関してはロズベルグがベッテルに抜かれ、順位を下げるよう、ワザと遅いペースで走ったとも言われているけれど、そこまで考えてたとしたら、さすがにチャンピオン。
それに比べると、やっぱりロズベルグは甘いと言わざるを得ないし、もっと隙あらばハミルトンにどんどんプレッシャーをかけていかないと、逆転は難しいかなぁ。

個人的には最後、セーフティカーのまま終わってしまったのはかなり残念で、おそらくセーフティカーが入らなければ、ベッテル対ライコネンというバトルが見られたんじゃないかなぁ。

とりあえず、次戦は連戦でバーレーン。
とにかく、暑くなって、それでもってタイヤの磨耗が厳しくなるレースになる事を期待。
そうでもないと確実にメルセデスのレースになってしまう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2849

コメントする